前へ
次へ

傷病手当金で注意したい事

健康保険で給付される傷病手当金は、けがや病気で休業中に支払われる手当金で標準報酬日額の3分の2が日額となります。
ただ条件があって、1.事業主から報酬を受けている2.同一のけがや病気で障害厚生年金を受けている3.退職後ですでに年金を受給している(上記詳細については健保協会等で確認して下さい。
)などの場合には支給日額が傷病手当金の額より少ない場合に差額が支払われます。
注意が必要なのは待機期間が三日間あるという事。
けがや病気によってはそのまま退職をする場合も考えられますよね、その時に会社を休んだ初日を退職日にしてしまうと傷病手当金の給付対象ではなくなります。
そういった仕組みをわかっているといざという時に慌てなくて済みますね。

Page Top